サステナビリティ

グループサステナビリティ方針

フジシールグループ(以下 FSG)は、「包んで<価値>を 日々新たなこころで <創造>します。」を経営理念に掲げ、すべてのステークホルダーとともにパッケージングを通じESG課題を解決し、持続可能な社会の実現に貢献します。

  • FSGは社会にとってエッセンシャルな役割を担っており平時・有事にかかわらず供給責任を果たします。従業員に対して健康的で安全な職場環境の整備を行います。お客様、取引先とは、公平・公正を基本とし相互の信頼関係と研鑽により、責任ある生産消費形態の確保に努めます。
    すべてのステークホルダーとのオープンかつ積極的な対話に取り組みます。
  • サステナビリティの取り組みのなかでマテリアリティを特定しています。全てのマテリアリティは社会への影響力が大きいものであるとともに、一つひとつが FSG のビジョン「人と環境にやさしい価値を届ける」に直結し、持続可能な社会の実現に貢献します。
国連グローバル・コンパクト(UNGC)への参加

FSGは2021年7月から、「国連グローバル・コンパクト」に参加しています。UNGCの原則に賛同し、FSG倫理綱領とGCの10原則に則った活動を推進していきます。

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)への賛同

FSGは2021年7月、金融安定理事会により設置されたTCFDが2017年6月に行った提言への賛同を表明しました。今後も、低炭素社会への移行に向け、経営戦略への反映を行うとともに、さらなる情報開示を進め、企業価値向上に努めていきます。

グループサステナビリティ委員会を設置

サステナビリティへの取り組みは、フジシールグループにとって重要な課題であると認識し、サステナビリティを推進するために、FSGはCOO直轄のグループサステナビリティ委員会を設置しています。
本委員会は毎月開催し、サステナビリティに関する取組計画の策定、推進、進捗状況のモニタリング、達成内容の評価等を実施しています。
また、本委員会で討議された重要事項は、取締役会へ報告・付議します。

推進・実行体制

委員長はCOOです。委員は、各部門の担当執行役等4名です。
委員会での目標設定・進捗についての議論を受けて、委員は、事務局及び経営企画/IR/人事/法務/環境/安全防災/調達等の実務担当部署と連携して、グループの各部門に活動計画の指示を行い、サステナビリティ活動の推進・実行を図ります。
下記の図の通り、委員会は取締役会に対しては定期的に推進計画や活動報告を行います。

拡大して見る