シュリンクラベル事業

シュリンクラベルとは

シュリンクラベルは、熱で収縮するフィルムでできており、どんな形の容器にもぴったりフィットする唯一のラベルです。幅広い用途(PETボトル飲料、酒類、乳業、食品、日用品、医薬品など)で使用されています。また、商品情報の表示だけでなく、環境にも配慮した、様々な機能をもつラベルを提供しています。

ラベル装着の様子

シュリンクラベルを水蒸気や熱風などで加熱すると、ラベルが収縮して容器形状に沿ってぴったりフィットします。

ラベリング工程(ペットボトルの例)

当社の実績と取り組み

シュリンクラベルは、1961年にフジシールが世界に先駆けて開発しました。当初は、容器の飲みに口に被せるキャップシールとして採用が進みました。1982年にアメリカでタイレノール事件をきっかけにフジシールのキャップシールが採用され、消費者に安心、安全をお届けするパッケージ会社として世界的に認知されるようになりました。
一方、日本では1980年代にガラスびんやPETボトルに装着するシュリンクラベルの使用が広がりました。近年は、超薄肉、リサイクル、バイオマスなどの環境対応にも力を入れ、お客様の商品価値を高めています。2020年 新型コロナウィルス禍においてもフジシールの事業はエッセンシャルビジネスとして、安定生産に努めており、消費者の皆様が安心して使用いただけるパッケージを供給し、社会に貢献しています。

用途例

PETボトル飲料
酒類
日用品
医薬品/医薬部外品
食品
カップ飲料・ヨーグルト
ドリンクヨーグルト・乳酸菌飲料
宅配用牛乳