タックラベル事業

タックラベルとは

タックラベルは幅広い業界と商品に使われており、社会生活に欠かせないパッケージのひとつで、 あらかじめ原紙の裏面に接着剤が加工されたシール用ラベルです。表面に印刷すれば簡単にラベリングすることができます。
加熱し接着剤を活性化させてラベリングするものや、ラベルが2層になったものなど、用途に応じてお選びいただけます。
缶飲料などの商品にラベルを装着して販促キャンペーンなどにご利用いただけます。

当社の実績と取り組み

当社は1975年 日本で本格的にタック事業を開始し、シュリンクラベルとタックラベルの2つのソリューションをお客さまに提案しました。
以降、タックラベルへの表示、加飾性、機能付加の製品開発をお客さまとともに取り組み、タックラベルの基材、粘着剤、印刷手法の技術開発をお取引様とともに取り組み、さまざまな商品を市場に提供し続けています。

昨今の環境問題にも世界共通の重要課題であることを認識し、環境側面を考慮したものづくりと商品開発を行い、地球環境への貢献を目指しています。

積み重ねてきた技術・知識・経験をベースに2011年からタック事業の海外展開を開始しました。
欧州を足掛かりに、北中米、アセアンに生産と販売拠点の機能を拡大構築しました。また、これらの事業展開から、新たな加飾技術と加工技術を得て、新たな業界(医薬、化学品、自動車)への事業展開も開始しています。

2020年、「手でのはがしやすさ」と「リサイクル工程でのはがしやすさ」の両方を兼ね備えた、リサイクルプロセスを考慮したキャンペーンタックラベルを世界に先駆けて開発しました。

タックラベルの種類

キャンペーンタックラベル
シュリンク感熱ラベル/
シュリンクタックラベル
プレミアムラベル
開封タックラベル
ブックレットラベル
タックブリスター