環境

環境方針

当社では、環境問題が人類共通の重要課題であることを認識しています。明るい未来と住みよい地球環境に貢献するために、2008年より環境方針を定め、環境側面に配慮した事業活動を行ってきました。2021年には環境方針を全面的に見直し、社員一人一人がより多くの環境活動に取り組むとともに、サプライチェーン間の連携を一層推進することで、持続可能な社会の実現に積極的に貢献していきたいと考えています。

環境マネジメント体制

当社では、かねてよりCEOの指示のもと、グループ環境基本方針に則りグループレベル・リージョンレベル各々の活動について、相互連携を取りながら環境への取り組みを実施しています。
さらに、CEO・執行役直轄の会議体である「グループサステナビリティ委員会」にて、環境関連の目標設定や進捗状況のモニタリング、達成内容の評価等を実施することで、以前にも増してESG経営を推進します。

環境ビジョン

当社では、気候変動・海洋プラスチック問題・資源枯渇を重要な環境課題と位置づけています。これら環境課題の解決のため、製造における環境負荷低減への取り組みを中心とした『価値をまもる』アクションを土台に、主に『価値の創造』に力を入れています。価値の創造の具体的アクションとなるのは『環境配慮型製品の開発・供給』であり、これはフジシールグループが最もお客さまや消費者に貢献でき、持続可能な成長につながるものと考えています。

環境対応製品

価値の創造:環境配慮型製品の展開

当社では、長年、お客さまが検討されるすべてのプロセス「創る(開発)」・「作る(製造)」・「売る(販売)」に着目し、ソリューションを提供してきました。今持っている製品だけではなく、お客さまの「企画⇒製造⇒販売」のビジネスサイクルをより深く理解することで、まだ見えていない課題を見つけること、その課題をお客さまと、取引様とともに解決していくことが、今、より一層求められていると認識しています。これは環境に関する課題解決も同様で、下図はそれぞれのプロセスにおいて、『軽量・減量化』『排出物抑制・削減』『リサイクル促進』といった各種課題をみつけ、取り組んできた軌跡です。
今後も環境配慮型のソリューションを提供し続けることで、社会貢献をしていきます。

お客さまのプロセスに着目した環境対応ソリューション
創る(開発)
  • 再生材使用・バイオマス使用・紙の活用などより環境に良い材料への素材変更
  • 薄肉化やパウチ化などの原材料削減
  • 機能性ラベル活用による容器の共通化による容器ロス削減
作る(製造)
  • 梱包形態最適化による資材削減・輸送効率改善によるCO2削減
  • 装着機械における生産性向上・エネルギー削減による廃棄物・CO2等の発生抑制
売る(販売)
  • 消費者が手軽に容器および包材をリサイクルするための機能性向上

外部評価

省エネ法定期報告書に基づく事業者クラス分け制度

経済産業省における事業者クラス分け評価制度にて、省エネ優良事業者として株式会社フジシールは2016年の開始当初より4年連続で最高クラスのS評価企業に認定されています。

CDP

2020年12月08日、株式会社フジシールインターナショナルはCDP2020「気候変動」において、マネジメントレベル「B」評価を獲得しました。また、「水」に関しては認識レベルからマネジメントレベルにランクアップし、初めて「B」評価を獲得することができました。気候変動の取組みと共に、環境経営に関する情報開示を進め、今後もさらなる取り組み強化に努めて参ります。

CDPスコアの変遷

環境関連教育

当社では、新入社員を対象とした導入研修や、製造・開発・資材調達など各部門単位の研修、ISO対象事業所におけるISO14001に関する研修の中で、環境関連教育を実施してきました。加えて、2019年度からは、ESGに対して、従業員理解を深めるとともに、各部署での取り組みの活性化のため、全従業員を対象にESG関連の研修を開始しました。上期・下期の年2回を目安に、ESG取り組みの意義・重要性・全社方針への理解を促すため、また具体的な活動を紹介するために冊子を作成し、所属長を通じた説明会を実施しています。

環境関連教育の配布資料