水資源に関する取り組み

フジシールグループは、水資源の保全を目指し、製造時における水の適正な管理のみならず、サプライチェーン全体での水使用量の削減につながる技術開発や製品の供給を行っています。

2021年度からは、規制よりも厳しい自主基準を設定し、製造時の排水品質の管理に努めると共に、お客様の工程での水使用削減が可能な包装機械の提供を含む環境配慮型製品売上に関する目標も設定しました。

水に関する全社目標
水質に関する自主環境基準:100%達成
水使用量削減

フジシールグループでは適正な水資源の管理とリサイクルを推進することで、環境負荷が小さく消費者が安心して使用できる製品の提供に努めています。国内の事業所では生産工程の一部でリサイクル水を使用しています。工場内で使用した洗浄水をフィルターを通してろ過し、10トン/日以上リサイクルしています。

拡大して見る

水使用に関する調査結果

拡大して見る

製造拠点における水リスクの調査

フジシールグループにおける水リスク評価では、世界資源研究所(WRI)が提供している「WRI Aqueduct」を活用し、拠点ごとに渇水などの水リスクの高い地域を特定しています。
「WRI Aqueduct」上で「Overall water risk(総合水リスク)」が「Extremely high risk」と表示される地域を、「総合的に渇水など水リスクが高いエリアである」と定義しており、2022年の調査において水リスクの高い生産拠点はありませんでした。今後も製造拠点における水リスクを把握するため、「WRI Aqueduct」を活用した調査を定期的に実施します。