化学物質に関する取り組み

フジシールグループ は、地域社会の皆様、お客様、従業員、最終消費者の安全と健康のために、環境負荷の高い化学物質の適正管理と使用量削減をに取り組んでいます。また、2021年度には、大気・水質・土壌について規制より厳しい自主基準を新たに設け、地域公害や大気・水質・土壌汚染防止などの環境保全および生態系の維持に努めています。

化学物質排出量の削減に関する全社目標
大気・水質・土壌に関する自主環境基準:100%達成
化学物質排出量の削減に関する取り組み

フジシールグループでは環境に優しい生産技術、プロセスの開発によるものづくりを進めています。例えば、筑波工場ではVOC炉や廃熱ボイラーを利用した熱エネルギー循環システムにより、VOCの大気への排出を防ぐと同時に、燃料使用量の削減を実現しています。さらに、VOC処理装置が整備されていない事業所においても、順次適切な処理システムの導入を計画しています。